スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未知の食材の扱い

親父が知り合いからシカ肉を貰ってきた。
正直どう扱っていいかわからないから試行錯誤して見たが
なかなか上手くいかなかった。

そんな中親父に鹿のレバーの調理を頼まれた。

正直言ってレバー自体扱ったことないし
しかも豚や牛じゃなくて鹿のレバー

どうしようかなぁ・・・とおもい2品作りました。

まずは料理を作る前にレバーの下処理。
このままじゃ血生臭いからね

調べてみたらタマネギすり下ろしたのや牛乳を加えるらしいので
手軽にできる牛乳に漬けて放置。

少ししてみてみたらピンクの牛乳が・・・
水で軽く洗って下処理完了・・・かな???( ; ゚Д゚)

最初はレバニラ
材料は、
レバー:300g
ニラ:2束
もやし:1袋
コチジャン:小さじ1,2くらい
オイスターソース:小さじ1
醤油:大さじ1
酒:大さじ1
中華スープの素:小さじ1
砂糖・塩コショウ:少々

まずはレバーに片栗粉をまぶしてフライパンでごま油で揚げます
後で火は通すので余り通さないようにします・・・
CA390160.jpg
が・・・血が凄すぎる・・・( ; ゚Д゚)
血抜きはしっかりしたんだけどねぇ・・・
ま、まぁ火は後で通すしとりあえずは・・・進めて
次はニラを3cmくらいで切っておいてごま油で茎から炒めます
そうしたらニラの葉の部分、モヤシ、レバー、調味料を入れ強火でいためます。
本当は日本酒ではなくて紹興酒辺りがよかったけど流石にないので今回は日本酒で、
1分間くらい炒めたら
CA390161.jpg
完成
ちょっと汁が多すぎてしまったので調味料多かったかなぁと
もう少し減らすか煮詰めるかが必要だったかも。
味はピリ辛で美味しかったけどちと脂っぽ過ぎたかな。
それとレバーが微妙に臭かったというか独特の癖が抜けきらなかったかなぁ・・・

次は臭い対策でトマト煮でも
材料は
レバー:300g
タマネギ:1個
カットトマト:1缶
にんにく:3かけらくらい
小麦粉:適量
ワイン:適量
塩:少々
バジル(乾燥):少々

まずはレバーに小麦粉をまぶしてオリーブオイルとニンニクと一緒に炒めます
炒めたレバーをいったん取り出してタマネギとカットトマトを炒める。
タマネギに火が通ったらワインをひたひたになるくらいに入れて少し煮込みます。
CA390162.jpg
水分が飛んできたら取出しておいたレバーを再度入れてさらに煮込む
最後にバジルを入れて塩で味の調整をして
CA390163.jpg
完成

この組み合わせはよくやるけどまぁはずれは少ないよね。
バジルを入れるタイミングをもう少し早くした方が香りはよく出るんじゃないかなぁと反省
レバーの癖は、レバニラよりは無い感じかな。
ただまぁ味にインパクトが薄いので要工夫かも。

と、鹿のレバーを普通のレバーとして使ってみましたが、
どうやら豚や牛に比べて血の量が多いような印象を受けました。
シカ肉自体も赤身が強い肉で、非常に淡泊というか上質な赤身といった感じですね。
非常に柔らかく美味しいです・・・
が、赤身が強いので火が通っているのかがよくわからなかったりしました( ; ゚Д゚)
田舎だと獣肉を食す事も多いのでまぁこういうのも楽しいですよねぇ。

個人的にはイノシシ肉よりも癖が無くていいかなぁと思いました。
スポンサーサイト

Comment

[551]

鹿レバ料理って見たことも聞いたこともなかったわぁ~e-451

ヤマの肉買うとこ(人間用)で鹿肉売ってるけど鹿レバは売ってないので、よほど新鮮でないとクセが強いんじゃろうねi-229

[559] Re: タイトルなし

>ヤマト母さん
わたしゃも見た事も聞いた事もなかったのですよーw
クセは強そうではないですね。ただ血がなかなか抜けなかったですね。
扱いが難しいですわぁ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://philipe.blog56.fc2.com/tb.php/330-4d974672

«  | HOME |  »

FC2カウンター


プロフィール

akiku またの名を 大盛りおうどん

Author:akiku またの名を 大盛りおうどん
謎空間へようこそ!


カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事+コメント


月別アーカイブ


ブログ内検索


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。