スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早速の仕様変更(予定)

仕事から帰宅後ROの公式見たら早々にR化の修正検討案が出てましたね。

だから実装が時期早尚過ぎたんだよなぁ・・・
サクライのほうもテストというなのお披露目会で修正要件など効かずに即実装
で、早々に修正とかまさに課金テストサーバー状態。

さてさて癌ちゃん+重力の事など置いておいて、修正についてですが
まぁ自分に関してのことを見てみますかねぇ

・トラップ:2次職のトラップスキルと、3次職のトラップスキルで、使用した際の発動タイミングが異なっている。
→あーそうだったの?w 一応レンジャイいるけど正直よくわからんかった'`,、('∀`) '`,、

・モンスタースキル:モンスターがスキル「リフレクトシールド」を使用した際に、スキル反射がされていない。
→メランコsppでのks狩りが無くなるわけですね。これでいきなり横からLKが現れてksを横取りされなくて済むんですかね?

・武器精錬:メカニックの武器精錬ボーナス加重値が、ホワイトスミスのJOBLv70時よりも低くなっている。
→てか、メカのほうが加重値高くなるの???それでもWS70の加重値より高くするのは骨が折れそうですね

・防具:DEF、MDEFが減少する装備が正常に計算されていない。
→マイナス修正が何もされてなかったという事かな?じゃあエリオット刺しは余計に弱くなると・・・

・クリムゾンロック:スキル「クリムゾンロック」を使用した場合、モンスターや敵だけでなく、パーティーメンバーや画面内にいるパーティー外プレイヤーまでスタンしてしまいます。悪意ある行為や、すれ違った時にMPKが発生する可能性があるため、一般フィールドではプレイヤーへのスタン効果を無効にしたいと考えています。
→MPK扱いされて迷惑なんで早々に修正を願う・・・。3次で一番好きなスキルなんだけどねぇ。

・ステイシス: 一般フィールドで使用した場合、プレイヤーにも効果がかかってしまい、迷惑行為につながる恐れがあるため、何らかの修正が行われるまでは一般フィールドで使用できないようにしています
→一般フィールドでも使ったことないわぁ( ; ゚Д゚)

・振動残響:スキル「レッスン」において、Lv5以上を習得すると、2次スキル演奏中に3次の歌スキルが使用可能と説明文にありますが、2次スキル演奏中にスキル「振動残響」を使用するとエフェクトが表示されるだけでダメージが出ていません。不具合と思われるため修正を依頼しています。
→そういえば臨時で共闘目的で使ったけどダメ出てなくて涙目だったけど不具合だったのね( ; ゚Д゚)

・製造武器&気功:ブラックスミス系が製造した武器の最低ダメージ保証(必中効果である星のかけら、名声)が機能しなくなっています。
また、モンク系の気功も同様に機能しなくなっています。このため、上記機能の復活を検討しています。
→案外機能しないと痛いところだねぇ。

スパイラルピアース:ワンダラー/ミンストレルのスキル「メランコリー」を使用することにより、「スパイラルピアース」の攻撃力が著しく上昇してしまい、攻城戦においてほぼ1発で全てのプレイヤーが倒されてしまうなど、著しくバランスを欠いています。
仕様変更および、3次職アップデート以前と同様、小型に対して有利にしたいと考えております。
→まぁ来るだろうなぁと思いましたが・・・修正来る前に頑張って稼いでおけばいいと思うんだ

・ストームガスト:スキル「ストームガスト」の凍結率とダメージの関係に問題があると考えています。仕様変更を検討しています。
→R化前が強すぎたというよりも万能すぎたといえるからバランス調整難しそう。個人的には昔に戻すなら今のままでもいいと思う。ただSG1が凍りにくくSG10が凍り易いという仕様はいかがなものかと。後はBOSS属性へのHIT数が元に戻れば・・・強いんだろうなぁと思う(R化前15HIT→R化後10HIT)

・セーフティウォール:3次職アップデート前と比較し、なるべく仕様変更の少ない形を検討しています。
→個人的には今の仕様でも問題ないとは思うんだけどどうなんだろう?話によるとSW置いた人の最大SPに耐久力とか関係してくるらしいから魚六SWやっほいとか思ってたけど・・・w

・ヒール:スキル「ヒール」の回復量がMATKに依存しすぎているために効果が低く、パーティープレイが難しくなっているほか、現状ウォーロックがビタタカードを使用した場合、ヒールLv1にも関わらず1000以上の回復量が出てしまうため、MATKに依存した方式からの変更を検討しています。
→魚六ヒールマジパネェwwwは流石にどうかと思ったw今まで同様ベースとINT依存でもいいと思うけど・・・。まぁMATKでの計算という考え方は面白いと思うから組み込んでみるのもいいと思うけどねー

・シャープシューティング:スキル「シャープシューティング」の特性であったクリティカル時の必中効果がなくなり、スキルの使用感が大幅に低下しているため、仕様変更を検討しています。
→あらら。#で必中なかったのかぁ。基本DEX高めで当たらないとなると超FLEE状態の絶望ぐらいだったから気にも留めていなかった( ; ゚Д゚)

・ブラギの詩:スキル「ブラギの詩」とダークイリュージョンカードを組み合わせることにより、容易に無詠唱が達成できてしまいます。「ブラギの詩」の下方修正を検討しています
→なぜブラギのほうを修正なんだろうかwww実装されたら鳥系列お通夜になってしまう。バランス取りをする場合下方修正は下策だと思うんだけどなぁまぁ特出しているのは別だけどさ

・アローストーム:ワンダラー/ミンストレルのスキル「シビアレインストーム」に比べて威力が低すぎると思います。
弓を専門で使用する職業でもあるので、威力の上方修正等、仕様変更を考えています。
→弓師に朗報。シビアと比べると( ´,_ゝ`)プッってなっていた時代も終焉か?w

・風車に向かって突撃&メランコリー&ストライキング:スキル「風車に向かって突撃」、「メランコリー」、「ストライキング」の効果が重複することにより、威力が上昇しすぎてしまうため、仕様変更を考えております
→これは主に拳聖m9(^Д^)プギャー??てか普通のPTでも痛手だよね。個人的には風車(%UP)ストライキング(ATKUP)メランコ(特定スキルUP)で効果違うから別にいいような気もするんだが・・・

・太陽と月と悪魔の奇跡:任意に奇跡を発動させられることが問題だと考えています。発動率を高くする代わりに、任意に発動出来ないようにする等の仕様変更を考えています。
→これは仕方が無いと思う。これが実装さえれたら多くの拳聖がいなくなり、Bal鯖特有の温もり臨時も激減するんだろうなぁ。けど違う方法考えて奇跡起こしそうだ、拳聖連中はきっとそうしてくれるだろうw

・状態異常(沈黙、睡眠):沈黙の耐性ステータスがINTになっていますが、スキルを使う職業の多くが高INTのため、あまり効果を得られません。
同様に、睡眠もVIT耐性のため、効果をあまり得ていないようです。この2点について、耐性ステータスの変更を検討しています。
→えーっと日本語でおk?そもそもINT高い=スキル使用率高いだから沈黙とか防がないとまずいわけで。それを効果得られないとか意味不明。何か問題あるのかな??

・錐:DEFの効果が薄まったことにより、錐の使用感が大きく変わっています。
錐のDEFによるATK増加部分の変更を考えています。
→錐復権ガンバ

・詠唱計算式:3次職アップデート前は、詠唱速度はDEXによってのみ影響を受けていました。
アップデート後、DEXとINTが影響するようになったため、以前の使用感に少しでも近づくよう、DEXの重要性を高くするよう検討しています。
→昔に近付けるという事はDEX*1.2+INT/3くらいになるのかなぁ???詠唱これ以上遅くなるのはどうしたものかなぁ(現状INT120DEX57)

・MATK計算式:3次職アップデート以降、例えば強力なMATK武器を装備できないキャラクターが使う魔法スキルなど、大きく弱体化しているものがあります。これらを解消するための計算式を検討しています。
→これはGXクルセとかエスマリンカー用おお助かりかな。素WizやHWも嬉しい変更だね。魚六はReSあるから今のままでもと思うけど・・・上がってくれればうれしいに越したことないけど色々とWiz系は思うところあるのよねーw

こんなところかなぁ?
まぁ検討しているだけなんでまぁ何年後に変更されるかわからんけどねぇww
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://philipe.blog56.fc2.com/tb.php/370-e9cf5a3b

«  | HOME |  »

FC2カウンター


プロフィール

akiku またの名を 大盛りおうどん

Author:akiku またの名を 大盛りおうどん
謎空間へようこそ!


カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事+コメント


月別アーカイブ


ブログ内検索


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。